HOME  >  新潟印刷月報
新潟印刷月報
第79回 印刷・関連業懇談会開催さる

 恒例となっている第79回印刷・関連業懇談会が3月1日(水)新潟市のホテルオークラ新潟で開催され、印刷業界から堀理事長はじめ41名が、また、関連業から33名が出席されました。

 また、懇談会の前に開催された講演会には「先進的な企業経営取組事例アドバイスセミナー」として当工組組合員企業の(株)タカヨシ代表取締役の高橋佑氏と三条印刷(株)専務取締役の渋谷政道氏のお二人からご講演いただき、110名を超える多くの方が参加されました。

 講演会終了後、印刷・関連業懇談会が野ア副理事長の司会で進められ、堀理事長の挨拶に続いて当組合の各委員長及び団体からそれぞれ1年間の活動状況について説明があり、そのあと紙、印刷機械、インキ、プリプレス・印刷機材業界の関連企業4業種の代表の方から各業界の現況について説明が行われ、質疑応答の後、午後4時50分に佐藤副理事長の閉会挨拶で終了となりました。

 次いで懇親会が行われ、堀理事長の挨拶に続いて洋紙懇話会会長の(株)石井商店石井智裕様の乾杯で開宴し、盛会の中午後6時40分閉会いたしました。

講演 高橋 佑 氏 講演 渋谷 政道 氏


開会のあいさつ

新潟県印刷工業組合/理事長 堀  一

 恒例となりました関連業との懇談会に多くの皆様からご出席を頂きました。また、平素は新潟県印刷工業組合にご協力そして深いご理解を頂戴していることをこの席から感謝申し上げます。

 今日は我々と皆さんと一体になって業界の発展を共に考えていく。私たちは仕事を通じて社会に如何に貢献するか、地域の皆様により良い情報を早く、正確に伝えることが出来るか。そういった業態変革という大きな流れを全国一丸となって取り組んでおり、毎年少しずつ成果を出しています。

 需用も景気と共にすぐ伸びてくれるということはなく、「付加価値」のあり方というのが少しずつ業界でも変わってきたような気がいたします。

 印刷は伝達手段から大きく変化する中で、我々は「ものが作れる」という強みを生かしながら世の中に発信していく。また、顧客のニーズに的確に応え社会に貢献していく。こんな業界を目指し皆さんと共にいろんな形で「力」を頂いたりあるいは私どもの開発に対し皆さんからご協力を頂きながら進めていくことが非常に重要なことであり、そういった意味では当組合の組織のあり方を一つずつ発展的に進歩させて行くことは大切なことと心得ております。

 今年度地区協議会の主管県として昨年新潟で大会を開催し、皆さんからものすごいパワーとご協力をいただいた。地区の皆様にとっても有益な実り多い大会を開催することができ重ねて感謝申し上げます。

 明後日、地区協の下期定例会が開催され主管県が長野県に引き継がれていくこちらの方もご支援ご協力をお願いしたい。

 当工組には委員会があり活動状況をご説明させていただき意見交換を行い、ご助言やご提言を頂きながら実行していくことが業界にとっても有効なことと考えています。

 新年会はこれまで印刷工業組合とジャグラ新潟県支部と別々に開催していましたが、これから先は同じ方向で共に切磋琢磨しながら発展できれば一番いいなと合意し、今年の新年会は共催として皆様からもご出席ご臨席を頂き華々しく開催できた。今後いろんな意味での情報交換や共同のものは一緒にやろうという機運の高まりのスタートには非常に良い機会であったと思っています。

 皆様から提供いただく機器や資材を活用できるそして世の中に提供出来る人材を育成することが大切である。人材育成は歴代の理事の皆さんが力を入れてきた部門だったと思う。昨年は、管理印刷営業士と印刷営業士認定試験と講座、DTPとクロスメディアエキスパート認証試験と対策講座、懸案であった技能検定(DTP作業、オフセット印刷作業、製本作業)の実施を計画し2月に全て終了しました。受検者は技能検定合格を目標に努力し、はじめて得られる重要な資格だと思います。このような人材が次の世の中を確実に進めて行けると思います。

 先ほどの講演ではこれからの業界を担うリーダーあるいはオーナーとなるべき方から講演して頂きました。昔ですと企業秘密あるいは会社の方針は話さないこともあったが、いいとこ出しをして初めて他のいいところがとれる。1+1が3にあるいは4になるかもしれない。これは組合の強みとしてこれからの印刷業界を作る源だろうと考え続けている。業態変革これもやっぱり基本的には印刷道という6つのジャンルに分けた中に必ず適合している。自分達の地域での強みに歴史という重みが加わり、皆さんの世界でもどんどん変わっていくそうした企業こそが最後いろんな形で残り、発展していくと思います。

 我々の拠点である会館が竣工してから20年の歳月が流れた。会議、研修会等数多く利用して頂き業界の発展に貢献された方を多く輩出し、従業員等の資質向上に寄与してまいりました。

 会館建設には様々な意見がありましたが、新潟県人が持つ「米百俵の精神」組合員からご協力を頂き竣工することが出来ました。

 共同受注も行うことが出来ました。これは官公庁から組合の力を認めて頂いたことによるものであります。

 本日はいろんな形で皆様と交流を図りこの会が益々発展するきっかけとなり79回という歴史が次につながる会になるよう進めていくのでよろしくお願いいたします。

 普段から皆さんからお寄せ頂いているご厚情対し感謝申し上げます。

堀理事長の挨拶


(1)新潟県印刷工業組合の現況について

■平成28年度事業の現況報告(平成28年4月1日〜平成29年2月28日)
◎組合員数 83社

1.総務・広報委員会

(1)総務関係
 @第64回関東甲信越静地区印刷協議会年次大会を開催(7月8日(金))
 A関東甲信越静地区印刷協議会下期大会を開催(3月3日(金))
(2)広報活動
 @組合員等に対する事業の周知啓発
  ・機関誌「PRINT NIIGATA」第666号から第677号までの制作・発行
 A一般顧客に対する周知啓発
  ・9月の「印刷の月」に合わせ「印刷前の基礎知識」とメモ帳を配付
  ・ホームページの作成
(3)全印工連の「多様な人材(ダイバーシティ)の活用」についてのアンケートの実施 (8月)

2.官公需対策委員会

(1)官公庁との意見交換
 @県の出納局(会計検査課)と意見交換の実施(7月19日(火))
 A新潟市(財務部契約課)との意見交換の実施(10月17日(月))
(2)全印工連の官公庁「印刷物」の発注に関する実態調査の実施(11月)

3.教育研修委員会

(1)技能検定学科対策講座の実施
 @オフセット印刷作業(7月31日(日))
 ADTP作業(12月3日(土))
 B製本作業(12月3日(土))
(2)クロスメディアエキスパート
 @認証試験対策講座(6月25日(土)〜8月6日(土) 3日間)
 A認証試験(8月21日(日))
(3)DTPエキスパート
 @認証試験対策講座(7月23日(土)〜8月6日(土) 3日間)
 A認証試験(8月21日(日))
(4)管理印刷営業士
 @管理印刷営業講座(8月27日(土)〜9月17日(土) 30時間)
 A管理印刷営業士認定試験(営業部会)(10月1日(土))
(5)印刷営業士
 @印刷営業講座(10月28日(金)〜11月12日(土) 20時間)
 A印刷営業士認定試験(営業部会)(11月26日(土))

4.経営革新マーケティング委員会

(1)セミナーの開催
 @先進的な企業経営取組事例の発表
  〇9月1日
   ・講師:(株)エンジュ 代表取締役 斎藤  節 氏
       高速印刷(株) 代表取締役 米山 秀彦 氏
  〇3月1日
   ・講師:(株)タカヨシ 代表取締役 高橋  佑 氏
       三条印刷(株) 専務取締役 渋谷 政道 氏
 A経済講演会の開催(11月21日(月))
  ・講師:日銀新潟支店長 亀田 制作 氏
 B印刷経営セミナーの開催(2月17日(金))
  ・講師:日本印刷技術協会 研究調査部長 藤井 建人 氏
(2)年末印刷謝恩セールの実施
 (11月1日〜12月25日)

5.環境労務委員会

(1)労働関係出前講座の開催(2月17日(金))
 ・講師:新潟県労働委員会 使用者委員 本間 哲夫 氏
(2)全印工連「環境労務アンケート調査」の実施(8月)
(3)紙断裁機取扱者特別教育研修の実施(9月24日(土))
 ・講師:新発田労働基準協会
(4)厚生労働省労働基準局監督課作成の「やさしい労務管理の手引き」の配付(1月)

6.組織共済委員会

(1)全印工連の平成28年度「組合員台帳調査」への実施(8月)
(2)全印工連の共済加入キャンペーンの実施(10月)
(3)全印工連の共済制度ニーズアンケートの実施(10月)
(4)全印工連組合員加入増強の取組についてのアンケートの実施(11月)

7.技能検定委員会

(1)オフセット印刷
 @実技試験
  〇新潟会場(7月31日(日))
  〇長岡会場(8月7日(日))
 A学科試験(8月28日(日))
(2)DTP作業
 @ 実技試験(1月21日(土))
 A 学科試験(2月5日(日))
(3)製本作業
 @ 実技試験(1月9日(月))
 A 学科試験(1月29日(日))

8.会館運営委員会

(1)利用状況
 @これまでの利用状況
  延べ25,188人(平成29年1月31日現在)
 A本年度の利用状況
  【平成28年4月から29年1月までの利用状況】( )は前年度実績
 ・利用日数  61日(50日) 対前年比 +11日
 ・利用人数 926人(788人) 対前年比 +138人
 ・利用料金 145,000円(29,000円) 対前年比 +116,000円

9.営業部会

(1)資格認定試験の実施
 @管理印刷営業士認定試験の実施(10月1日(土))
 A印刷営業士認定試験の実施(11月26日(土))
(2)新春ボウリング大会の開催(2月26日(日))

10.製本部会

(1)技能検定(製本作業)の実施(1月9日(月))
 ・場所:(株)あけぼの
 ・受検者 15名
(2)製本作業学科試験対策講座の実施(12月3日(土))
(3)紙断裁機取扱者特別教育研修への積極的な支援(9月24日(土))

(2)印刷関連業界の現況について
紙業界の概況について

 田村紙商事(株)代表取締役 田村淑文

印刷機械業界の状況

 (株)小森コーポレーション 営業2部5課長 井上重和

印刷インキの出荷推移と植物油インキマーク許諾契約状況

 東洋インキグラフィックス(株) 新潟営業所長 野口尚男

プリプレス・印刷機材業界の現況について

 セキモト(株) 代表取締役 関本浩司

第79回 講演会・関連業懇談会等出席者名簿
日時/平成29年3月1日(水)  会場/ホテルオークラ新潟
(順不同・敬称略)
印 刷 業 関 連 業
1 (株)あけぼの 玄間 浩之 1 天野商事(株) 早川 清一
2 あけぼの印刷団地事業(協) 佐久間優一 2 (株)石井商店 石井 智裕
3 (株)ウィザップ 高橋 陽子 3 菅井  保
4 (株)小林印刷所 小林 佑樹 4 小林 英樹
5 去O興印刷 田村 浩幸 5 大墨 隆之
6 (株)ジョーメイ 加藤 丈明 6 伊藤鉄工(株) 伊藤 浩一
7 加藤 祐哉 7 FFGSプリントサプライ(株) 礒ア 光広
8 (株)第一印刷所 堀   一 8 大森  晃
9 小出 博信 9 五十嵐克之
10 高橋 純子 10 高野 素巳
11 阿部 正喜 11 青海 雄啓
12 (株)太陽プリント 桜井 克次 12 後藤  修
13 (株)タカヨシ 高橋  佑 13 泣Iーケー紙工 永島 貴史
14 (株)トーヨービジネス 吉井  勉 14 (株)KAMIOL 荒木 次雄
15 拠川シール印刷 中川 利明 15 荒木 亨崇
16 (株)新潟印刷 水野 一幸 16 清田 修也
17 水野 秀一 17 青木 和人
18 野崎印刷(株) 野ア 力夫 18 遠藤  隆
19 野ア 達也 19 (株)木戸製本所 木戸 敏雄
20 (株)博進堂 清水美知夫 20 コダック合同会社 小島 宏典
21 清水  伸 21 コニカミノルタNC(株) 吉田  聡
22 (株)プレスメディア 柳沢  茂 22 長谷川 健
23 (株)文久堂 早川 幸司 23 森 晋一郎
24 渡良印刷(株) 渡辺 良平 24 伊藤 大悟
25 (株)吉田印刷所 吉田 和久 25 (株)小林洋紙店 小林 卓哉
26 (株)佐渡中央印刷所 城鳥 幸弘 26 池田 信明
27 (株)エンジュ 斉藤  節 27 (株)小森コーポレーション 井上 重和
28 斎藤 純一 28 (株)桜井グラフィックシステムズ 桜井次郎太
29 寺山 政明 29 設楽印刷機材(株) 設楽 剛史
30 島津印刷(株) 島津 延明 30 誠伸商事(株) 清岡 浩蔵
31 (株)須貝印刷 須貝 嘉勝 31 セキモト(株) 関本 浩司
32 三条印刷(株) 渋谷 政道 32 倉田 一美
33 (株)サンユー印刷 玉木  敏 33 田村紙商事(株) 田村 淑文
34 玉木 一朋 34 小池  寛
35 大和写工印刷(株) 渡辺 邦宏 35 五十嵐 徹
36 中越印刷(株) 田中 範之 36 (株)田村商店 土田  勝
37 (株)中央製版 小林 吾郎 37 広川  隆
38 (株)トキワ印刷 早川 滝徳 38 山田 一洋
39 西巻印刷(株) 西巻 一彦 39 池浦 将巳
40 棚橋 正典 40 (株)T&K TOKA 上野 靖明
41 富士印刷(株) 星野 義男 41 長  正晃
42 星野 里美 42 DICグラフィックス(株) 中野 芳彦
43 (株)ほしゆう 星野 光治 43 東洋インキグラフィックス(株) 野口 尚男
44 (株)協同組合印刷所 石原 幸夫 44 伊原 栄介
45 高速印刷(株) 米山 秀彦 45 井上 敦之
46 安達 義光 46 権田 貴志
47 (株)中央印刷 山内 芳次 47 斉藤  浩
48 北越印刷(株) 佐藤 松雄 48 日経マシナリー(株) 河上 茂雄
49 (株)位下印刷 位下 寿生 49 日本アグフア・ゲバルト(株) 木村 公彦
50 (株)柏崎インサツ 山田 大介 50 ハイデルベルグ・ジャパン(株) 中嶋 雅是
51 製本部会 永井 輝雄 51 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株) 畑  貴史
52 事務局 野瀬  敏 52 大沼 政人
      53 宮川ローラー(株) 宮川 忠貴
      54 (株)ムトウユニパック 竹之内耕栄
      55 前田  哲
      56 (株)メディアテクノロジージャパン 富永 一公
      57 (株)山忠 山内 晴夫
      58 遠藤 孝一
      59 鈴木 春彦
      60 (株)ヤマトヤ商会 本間 智成
      61 リコージャパン(株) 田崎 貴章
      62 リョービMHIグラフィックテクノロジー(株) 北垣 暁弘
      63 小幡 和彦
関東甲信越静地区印刷協議会 平成28年度 下期定例会開催さる

 関東甲信越静地区印刷協議会の平成28年度下期定例会が3月3日(金)に新潟県工組主管により東京都内のハイデルベルグ・ジャパン(株)本社ビルにおいて開催され、各県工組役員の他、全印工連の滝澤副会長、生井専務理事、白橋常務理事をお迎えし総勢80余名が参加しました。

 全体会議では、清水地区協議会会長の挨拶の後、情報交流セミナーとして全印工連の滝澤副会長の挨拶と生井専務理事から業務概要説明が行われました。

 引き続き、理事長会・各分科会が開催され、分科会報告で協議内容の発表がありました。

 分科会報告後、主管県として堀理事長が「多くの方から参加いただき感謝申し上げる。皆さんのおかげで無事主管県として役割を終えることが出来ました。」と挨拶され、堀理事長から清水会長へ大会旗の返還が行われました。来年度主管県となる長野県工組増田副理事長から長野大会へ多くの皆様からの参加をお待ちしているとあいさつがあり、下期定例会は無事終了いたしました。

新潟県工組より長野県工組へ大会旗伝達 地区協出席役員

全体会議
全印工連ご挨拶

副会長 滝澤 光正 様

全印工連事業概要説明

専務理事 生井 義三 様

分科会報告
経営革新マーケティング委員会

佐藤 松雄

〔報告事項〕
1.事業承継支援事業の各工組への周知とセミナー開催
2.共創ネットワークの活用
3.「ソリューションプロバイダーへのステップアップガイド」セミナーの開催及び活用について
4.平成28年度補正「革新的なものづくり・商業・サービス開発支援補助金」公募について

環境労務委員会

吉田 和久

〔依頼事項〕
1.環境マネジメントシステム認証・認定
2.オフセット印刷工場用VOC警報装置の販売

〔協議事項〕
1.環境マネジメントシステム認証・認定の周知・啓発について
2.オフセット印刷工場用VOC警報器の普及拡大について
3.産業廃棄物の適切な処理、三六協定の締結についての周知・啓発方法について

〔報告事項〕
1.環境および労働関係情報の収集・提供
 (1)平成29年度グリーン購入法・調達判断基準等
 (2)育児・介護休業法の改正

2.平成28年度地域別最低賃金の改定

組織共済委員会

星野 光治

〔依頼事項〕
キャンペーン期間:平成29年9月1日から30年3月31日

〔協議事項〕
 平成29年度共済加入促進キャンペーン地区毎の重点工組の選定

〔意見・情報交換〕
会員拡大について等の事例報告がありました。

教育研修委員会

清水 道雄

〔依頼事項〕
1.次年度の技能検定製版職種DTP作業実施への普及・啓発

〔協議事項〕
1.次年度の技能検定製版職種DTP作業の受験者増に向けての意見交換
2.印刷営業講座のカリキュラムの改訂についての意見交換
3.新教育システム(遠隔システム)の利活用について意見交換

CSR推進専門委員会

野ア 力夫

〔報告事項〕
・最近のCSRセミナーより事例報告
・スリースター認定開始について
・ CSR認定制度、クラウドバックアップ、JPPSの利用状況
・全印工連からの斡旋サービスの紹介

〔協議事項〕
CSR認定制度、クラウドバックアップ、JPPSの普及啓発について

〔全印工連への要望事項等〕
・MUDコンペの表彰式の日程について
・CSRマガジン「shin」の配布先について

官公需対策専門委員会

野瀬  敏

〔報告事項〕
1.H29年2月9日開催の「第4回官公需対策全国協議会の報告
2.H29年2月24日 長野工組で開催された「著作権セミナー」の報告

〔協議事項〕
 官公需全般の現状および提言をまとめます
1.最低制限価格制度について
2.知的財産保護基本法について
3.ワンストップサービスの創造【印刷の強みを活かし、鎧・兜で武装しよう】について

◆3月定例会議事録

 堀理事長から当組合も今年度大過なく年度を超える見通しとなった。新年度に向けた準備も始まっている。今年度は特に技能検定の印刷関係3職種について実施することが出来た。ご努力いただいた教育研修委員の皆様に御礼申し上げる。

 今日は関連業懇談会ということで長丁場になるがよろしくお願いする。

 と挨拶がありました。次いで各種報告を行い、13時30分閉会した。


◆ 組合運営の動き(平成29年3月1日以降)