HOME  >  新潟印刷月報
新潟印刷月報
税務・金融研修会を開催

 さる11月29日(水)ホテルイタリア軒において毎年恒例となっている新潟支部主催の税務研修会及び県工組主催による経済講演会が35名の参加を得て開催されました。

 税務研修会では新潟法人会の川崎事務局長からご挨拶頂いた後、新潟税務署審理専門官(法人担当)藤田栄様から消費税の軽減税率制度、法人税を中心とした「平成29年度の税制改正のポイント」についての説明をいただきました。

 また、経済講演会では日本政策金融公庫新潟支店中小企業事業統轄の中村伸一様から「最近の経済・金融情勢」と題して経済金融と中小企業の現状と見通しについてわかりやすくご講演頂きました。講演会終了後、懇親会が盛大に行われました。

《研修日程》
○税務研修会 15:00〜16:00
・「平成29年度税制改正のポイント」
 講師 新潟税務署審理専門官(法人担当) 藤田 栄 様
○経済講演会 16:10〜17:10
・「最近の経済・金融情勢」
 講師 日本政策金融公庫 新潟支店 中小企業事業統轄 中村 伸一 様
○懇親会 17:15〜19:00

全印工連組合支援セミナー開催 教育研修委員会・環境労務委員会

 さる11月17日(金)(株)バリューアシストジャパンの代表伊藤直行様を講師に迎え新潟テクノスクールで全印工連組合支援セミナーである「受注減の時代でも顧客を創る」を開催いたしました。このセミナーは、厳しい経営環境の中、旧来のビジネスモデルや営業スタイルを変え、更なる事業の発展を実現させるステップと他社の成功事例なども紹介し「受注の増に繋げる」をテーマに開催したもので35名の組合員から参加していただきました。

研修会風景

にいがた・技のにぎわいフェスタに参加 新潟県印刷新世会・印刷営業部会・製本部会

 11月23日(木・祝)に新潟市産業振興センターで開催された「にいがた・技のにぎわいフェスタ」に新潟県印刷工業組合(主管:新潟県印刷新世会、印刷営業部会、製本部会)として初めて参加しました。

 このにいがた・技のにぎわいフェスタは新潟県、新潟市、長岡市、上越市、県職業能力開発協会、県技能士会連合会が構成員となる実行委員会が技能の重要性と必要性及びその魅力について次代を担う若者を中心にとして広く県民に周知することを目的に開催しており、今年で15回目の開催となります。

 当日は小雨がときおり降り肌寒い中、11,000人の多くの方が来場されました。当組合の体験コーナーのクリアファイルの印刷、和綴じ製本によるメモ帳づくりは当初の予定を大幅に上回る方から利用いただき、参加された皆様から大変喜んでいただきました。


◆11月定例役員会議事録

 11月1日(水)15時30分から印刷会館で役員会を開催しました。はじめに理事長から、有志で弥彦参拝を行い業界の発展を祈願してきたこと。新潟支部の北洋印刷(株)の石田三夫様が新潟県商工会連合会の会長代行に就任することになり、印刷組合への力添えをお願いしたこと。商工中金の不祥事問題で業務の停滞などにより不利益が生じないよう申し入れを行ったことなどの説明がありました。また、11月23日(木・祝)に新潟市産業振興センターで開催される「にいがた・技のにぎわいフェスタ」に印刷組合も初めて出展するので大勢の方からご来場していただきたい。

 との挨拶のあと、各支部報告、委員会報告等を行い16時30分閉会した。


◆ 組合運営の動き(平成29年11月1日以降)