HOME  >  グリーン購入法と印刷
HOW TO PRINTING
 平成13年4月から再生材等の環境負荷低減に資する製品やサービスの購入を推進するグリーン購入法が施行されました。近年環境に配慮した法律が次々と施行され、エコロジーという言葉がより身近になってきています。印刷物製作においても、再生紙など環境保全に配慮した素材の使用が求められています。
グリーン購入法とは?
 グリーン購入法は正式名称を「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」といい、その名称どおり環境に配慮した物品やサービスを購入するよう勧める法律です。国等の各機関については調達方針に従って環境に配慮した物品の調達の推進が定められています。一般消費者にはできる限り環境物品を購入するよう勧めています。
〈環境物品として対象になる分野〉
紙類、文具、家電製品、OA機器、自動車、照明、インテリア、制服など
環境物品として対象になる分野
■紙類、納入印刷物に関わる品目及び判断の基準等は以下の通りです。
紙類
情報用紙
・コピー用紙
【判断の基準】
(1) 古紙配合率100%かつ白色度70%程度以下であること。
(2) 塗工されているものについては、塗工量が両面で12g/m2以下であること。
【配慮事項】
製品の包装は、再生利用の容易さ及び焼却処理時の負荷低減に配慮されていること。
・フォーム用紙
【判断の基準】
(1) 古紙配合率70%かつ白色度70%程度以下であること。
(2) 塗工されているものについては、塗工量が両面で12g/m2以下であること。
【配慮事項】
製品の包装は、再生利用の容易さ及び焼却処理時の負荷低減に配慮されていること。
・インクジェット
カラープリンター用
塗工紙
【判断の基準】
(1) 古紙配合率70%以上であること。
(2) 塗工量が両面で20g/m2以下であること。ただし、片面の最大塗工量は12g/m2以下とする。
【配慮事項】
製品の包装は、再生利用の容易さ及び焼却処理時の負荷低減に配慮されていること。
印刷用紙
【判断の基準】
(1) 古紙配合率70%以上であること。
(2) 塗工されていないものについては、白色度70%程度以下であること。
(3) 塗工されていないものについては、塗工量が両面で30g/m2以下であること。
(4) 再生利用しにくい加工が施されていないこと。
【配慮事項】
製品の包装は、再生利用の容易さ及び焼却処理時の負荷低減に配慮されていること。
役務
印刷
【判断の基準】
(1) 印刷要旨に係る判断の基準(紙類参照)を満たす用紙を使用していること(ただし、冊子状のものについては表紙を除く。)
(2) オフセット印刷については、芳香族成分が1%以下の溶剤(動植物油系などの溶剤を含む)のみを用いる印刷用インキを使用していること。
【配慮事項】
(1) 表紙の表面加工等への有害物質の発生原因となる物質の使用を抑制していること。
(2) 古紙再生の阻害要因となる物質の使用を抑制していること。
環境に配慮した印刷
環境に配慮した印刷  印刷業界においてもその他さまざまな環境にやさしい印刷への取り組みがなされています。
非木材紙
 印刷において環境に配慮した紙の利用が盛んに行われています。木材を利用した紙に代わるものとして、再生紙の利用と同様に注目されているのが非木材紙です。非木材紙の原料はケナフ、バガス、竹、サイザル麻などさまざまにあります。
大豆油インキ
 最近では環境にやさしいインキ、特に大豆油インキが注目されています。大豆油インキでは、従来のオフセットインキに使用されていた揮発性の高い石油系溶剤に代わって植物油が使用されることで、環境保護と作業環境への貢献といった点でより優れたインキとなっています。