HOME  >  広告ものしり話
広告のいろは
毎日たくさんの商品やサービスの情報が、広告によって伝えられています。さまざまな種類や意味を持つ広告媒体や広告の用語について紹介します。
  ものしり話・1   広告昔ばなし
広告が初めて歴史に登場したのは、古代エジプトのテ−ベで、パピルス紙を使ったチラシ広告でした。日本のチラシ広告のはじまりは、商業が発達した江戸時代に生まれた、引き付ける、配付するという意味を持つ「引札」という広告です。これが大正時代には「チラシ」と呼ばれるようになりました。
  ものしり話・2   「アイドマ(AIDMA)の法則」
消費者が広告物に接してから購入に至るまでの心理的経過を表したものです。これらの順序をおさえることが広告を作る上でのポイントとなります。
  ものしり話・3   広告に関する用語